ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

丸暗記の歴史が嫌い。好きなヤツはおかしい。そう思ってたのに好きになった理由

丸暗記の歴史が嫌い。好きなヤツはおかしい。そう思ってたのに好きになった理由
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon.png です

こんにちは!
コピーライター&デザイン事務所経営者、
メインサイト「ひとびとのひび」編集長のブログです。

いろんな人たちの生活スタイルや働き方をインタビューしまくっている私が、さらに自分の手と足で見たり調べたりした実体験をもとに発信しています。


タイトル通り、今の私は、歴史が好きです。かなり好きです
最近は感染症の歴史について学んでいるほど好きです。

でも学生時代は死ぬほど嫌いでした。
歴史好きなヤツはただの歴史オタクで頭おかしいと本気で思っていました


そんな人間がなぜ、こんなに歴史好きになれたのか、どうしてあれほど嫌いだったのか?
経験談をもとにご紹介します!


読んだら歴史大好き人間に変身してしまうかもしれませんが、最後までお付き合いただけると嬉しいです!

大昔の歴史なんか知って、何が面白いのか意味不明


最初にちょっとだけ、私が歴史にふれるに至ったざっくりのストーリーを。


私は、中学時代の日本史のテストでも、高校時代の世界史のテストでも、ともに1ケタの点数をとったことがあるくらい歴史が苦手で嫌いで意味不明でした。

そんな点数でも悔しいと思ったことすらない。

それどころか、なぜこんな昔のことを知る必要があるのか。
100%いらねー!と信じて疑いませんでした


◎歴史好きは頭のおかしなオタク
◎昔のことを知ったところで全く薬に立たない
◎ただ丸暗記で記憶させられるだけで無意味


当然、歴史にまつわるものはそれが大好きな漫画であれドラマ、映画であれ一切興味がない

そしてその先も一生自分の人生と歴史に接点はないと思っていました。

漫画大好き人間が、「お〜い竜馬」を読んでから歴史にハマった


大転換期が訪れたのは、高校3年生になったある日

当時から私は大の漫画好き人間で、週にいくつもの週刊誌を読みあさり、好きな作品の単行本も買いまくっていました

そんな中、ルーティーンで読んでいた雑誌の1つ、ヤングサンデーで連載されたのが『お〜い竜馬/小山ゆう著』という作品

物語の主人公は、海援隊の隊長として知られる坂本竜馬
ベテラン芸能人の武田鉄矢氏も原作に関わっていたと思います。

この作品ではじめて私は『歴史』というものと触れることになったのです。

別に坂本竜馬が好きだったワケじゃありません。
小山ゆうさんの他の作品は知っていましたし嫌いじゃなかったけど、だから読んだワケでもありません。

単純に、ヒマだったのと、自腹を切って買ったので全部読まなきゃモッタイナイというビンボー根性がはたらいただけ。

『坂本竜馬ってナニしたヤツだっけ?』くらいな感じでテキトーにページをめくりました。
そして、ハマりました。


『お〜い!竜馬/全23巻』


土佐の下級武士の家に生まれ、家族の寵愛を受けて育つ竜馬少年。泣き虫で弱虫、だけど心優しいのが彼の魅力。争い事が苦手な彼だが、土佐では同じ侍であっても上士と下士の身分差別の激しい土地柄。何度となく虐げられ、理不尽な辛酸をなめさせられるうち、家族にとって悲しい事件が・・・。以後、強くなると決めた少年は、剣の道に邁進し、やがて江戸剣術修行まで許されるほどの成長を遂げる。そして竜馬が江戸で剣に明け暮れていたある日、太平の眠りを覚ますがごとく巨大な黒船が浦賀の港に姿を現す!世の中がひっくり返るほどの激震が走り、やがて竜馬も革命の意識に目覚め、仲間を得、あるいは失い、己を信じ切れず迷いながらも生涯の師と出会う。そこから時代の渦の中に青春を捧げ、命を燃やす竜馬の人生を賭けた旅がはじまっていく・・・。



2000年分も丸暗記なんてムリ!でも物語だと知った途端に超ラクに


なぜハマったのか?
結論から言うと、はじめて知ったからです

『歴史って、ドラマ(物語)なんだ』と。

もちろん作品の面白さに引き込まれたのは確かでしょうが、でもそういうことじゃない。

それまで、歴史というのは、言ってみれば年表を真上から見下ろして、古い時代から順に『645年:大化の改新』『710年:平城京』『794年:平安京』・・・と、ただただ見慣れない漢字ばかりを覚えさせられる、そういうものだと思っていました

教科書は『歴史的な情報』が列記された活字の本、そのもの。それを真上から眺める視点しか持ったことがありませんでした。

じゃあドラマって何?
『お〜い竜馬』を読んだとき、はじめて歴史が真上じゃなく、真横から見えたんです

人も背景も、時間も動いているワケです

登場人物たちは、ただの読みづらい活字情報じゃなく、ちゃんと個性や表情を持ったキャラクターでした

だから、そこではじめて、歴史がストーリーを持ったノンフィクションのドラマだと知ることができたんです。

歴史がドラマとして見れると何が良いのか?

◎その時代の人の目線で見られる
◎登場人物に人間的な個性やキャラを感じる
◎歴史上のできごとが起こった流れが分かる
◎基本ノンフィクションというリアリティがある
 

こんなこと、教科書や授業では起こりませんでした

私が漫画を読んで『歴史=ドラマ』だと思えた理由


あなたは、歴史をドラマとして認識したことがありますか?
ストーリーを感じたことは?

少なくとも私は、それが全く感じられなかったから『歴史的な活字情報を力ずくで丸暗記する教科』という意識しか持てなかったんです。

『海援隊』ってなんだっけ?

・・・そんなことすら知らない私が、歴史をドラマだと認識した途端、幕末という血なまぐさく革命的な時代や、そこで命を散らそうとする若き竜馬ら志士たちの生き様にリアルな緊張感を感じることができるようになりました

ここで言いたいのは、『お〜い竜馬』をキミも読もうぜ!ってことじゃありません。

なぜ私はドラマとしてとらえることができたのか、ということ。

振り返ってみると分かりました。
理由は大きく3つあります。

①漫画ならではの魅力

作者はこの際おいといて、重要なのは、絵と言葉です。

ビジュアルと会話の両方で読み進められるから、ストーリーとしての面白さも情報も自然と頭に入ってくるし、読み返しても苦にならない。

そんな漫画ならではの魅力が、『歴史=ドラマ』と分からせてくれた理由のひとつ。

いわば右脳と左脳をフル回転させているだけに、記憶にも残りやすいですよね。


②幕末という分かりやすい時代

幕末の日本は、まさに太平の世から目覚めようとする動乱期。

幕藩体制から近代国家へと激変する革命の時代ですから、ストーリーが分かりやすくてスリリング。

しかも、ほんの150年ほど前という、限りなく現代に近い歴史

そして、ここぞとばかり侍として自分の命をパッと咲かせたがる若者たちが革命に参加してくる、苛烈で残酷な一面も合わせもっている。

特に男子は感情移入しやすく、憧れやすいんですね。

すでに形だけのものになっていた戦や切腹といった侍としての作法。
幕末の若者たちはそんなところにも美学を見出しちゃったりして。

そうした男のロマンに満ちた展開がドラマを意識させやすいってことです。


③自伝的サクセスストーリー

『お〜い竜馬』は、まさにタイトル通り、坂本竜馬を主人公としたお話。

彼が生まれてから死ぬまでを描いた作品ですし、どうやって土佐の田舎侍が歴史に名を残すほどの活躍をするに至ったのか、というサクセスストーリーが中心です。

『坂本竜馬って、こういう人だったのか』『意外と面白いヤツじゃん』というヒューマンドラマでもあるので、自然とドラマとして見えちゃうワケです。

要するに、坂本竜馬という一人の歴史上の人物のリアルな人生を通して、はじめて歴史がドラマだと分かったワケです。

そこから一気に歴史の見方が大きく変わり、歴史上のできごとがボンボン頭に入ってくるようになりました!


▷興味のある方のためにご紹介しておきます

「お〜い竜馬」は坂本竜馬が下級武士(下士)として
土佐の国に生まれてから、亡くなるまでを描いた自伝的作品。
剣の道に夢を抱き、剣術修行に行った江戸でペリーの来航と遭遇する。
そこで新たな刺激や教えに感化され、
周囲の若者とは違う考えに傾いていく自分のことを信じ切れずモヤモヤと戦ううちに、
故郷の土佐を脱藩してまで人生の意味を求め浪士としての道を選ぶ。

そして、あるとき生涯の師と仰ぐ幕臣・勝海舟と出会う。
そこから一気に幕末の英雄として羽ばたいていくことになる・・・というように、
名もなき若者の人生をドラマチックに再現している。
特に上士・下士という武家の中でも上下の身分差別が激しかった土佐藩では、
その差別のために多くの若い命が理不尽に失われていった。

その中で竜馬は歴史に名を残す活躍をしてみせるワケだ。
21世紀の現代にあって、いまだ坂本竜馬が老若男女に愛される理由が分かる作品です。



Amazon:お~い! 竜馬 文庫版 コミック 全14巻セット (小学館文庫)
楽天:【限定激安クーポン】お~い!竜馬 (1-23巻 全巻)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb【全巻セット】【全巻漫画】 価格:6,990円(2020/5/18 02:30時点)


歴史をラクに楽しく知るには理想的な順番がある


◇歴史初心者にオススメの順番

①漫画
とにかく気楽に楽しみながら、自分のペースで読むことができる。分からなくなったらまた戻ればいいし、何回も読み返すことが苦じゃないのも漫画の魅力。とにかく覚えやすい。


②映像(ドラマ・映画)
ストーリーを楽しめる点は漫画といっしょ。ただ、展開のスピードが早く、全く知らない時代の話だとついていけなくなる。何度も見てもいいけど、見終わってから近い時代の漫画を読むのも違う角度から楽しめて記憶にも残りやすいです。


③書籍
これは上級編。まず漫画や映像で知識の下地を作ってから。その代わり、楽しめるようになったら間違いなくハマります。(絵がないから自由に想像しながら読めるのが書籍の魅力。竜馬の顔も物語の世界観もイメージが膨らみます)

書籍で楽しめる段階ってことは、すでにある程度の基礎知識がある状態ということになるので、その頃にはとっくに歴史への苦手意識はなくなっているでしょう。

とにかく①②③の順番だと歴史なんて痛くもかゆくもなくなりますので、ぜひ苦手な人ほど試してみてください。

幕末以外にも歴史初心者にオススメなのは戦国時代


戦国時代。

室町幕府の権威が事実上崩壊し、どいつもこいつも出世や権力に目がくらみ、このときとばかり暴れまくる時代です。

よくヤクザ社会やビジネス戦争にも例えられます

伝統も名家もそんなのカンケーねぇとばかりに、特に各地の豪族や新興勢力たちが活気づき、武家だかなんだか分からんヤツらまで夢を抱くようになるワケですね。

大企業のシェアをスタートアップのベンチャーがごっそり奪いにくる的な。


有名な織田信長や豊臣秀吉、徳川家康はその象徴的な存在でしょう。

戦、策略、人質、裏切り・・天下を取るのは誰だ?!
って結果的には信長の後を引き継いだ秀吉であり、その後は徳川家康になるワケですが。

言ってみたら彼らは豊臣組・徳川組の組長です。
力でねじ伏せて全国のトップに立ったワケです

鳴かせてみせようホトトギス的な豊臣サル吉親分
鳴くまで待とうホトトギス的な徳川タヌ吉親分



上杉組や伊達組、前田組などなど各地の親分たちは傘下にはいることを受け入れたってことですね。

豊臣サル吉親分や徳川タヌ吉オヤビンに忠誠を誓いやす!みたいな。

分かりやすい時代というだけでなく、それぞれの武将たちの個性もバラバラで、
今じゃ考えられない戦い方やら政略結婚やらよく分からん風習やらツッコミどころも満載で

・・・初心者のころの私でも自然と入っていけました。

やっぱりまずは漫画からザックリとした物語に触れちゃうことが近道ですね。

歴史は新しい時代から昔へタイムリープしていく方が分かりやすい


豊臣の次は徳川の世に移り、江戸時代に突入〜的な流れはご存知の方も多いでしょう。

そこから幕末までずーーっといわゆる江戸時代っす。

およそ270年も徳川組の天下だったって考えたら気色悪いですよね。
つーか、そこまできたら300年でも400年でもいきそうな気もします。

でも幕末を迎え、江戸幕府は終わるワケです。
なぜか?


国内の内戦で倒幕派に滅ぼされるからです。
倒幕派って?

徳川の世を終わらせて新しい時代で政権の座につきたい藩を中心とした人たちです。
その人たちって?

主役となった勢力は薩摩(鹿児島県)、長州(山口県)、土佐(高知県)など。

そもそも国内に敵味方とかいたんだっけ?
そこでぐいーーーんと270年前に戻ります。

関ヶ原です。

ここで徳川組のタヌ吉親分は勝利するワケですが、薩摩も長州もこのとき徳川の敵側に味方したんですね。

土佐の山内親分は逆に徳川のために活躍して名もない武将から一気に土佐一国をもらって大出世しちゃったからタヌ吉に恩がありました。

でも新しい世のために徳川を見捨てる方を選ぶんです。

じゃあなんで関ヶ原を戦うことになったのか?

豊臣サル吉親分が死んで後継者争いが勃発したからです。

争うほどの対立構造があったってこと?
なぜ?

サル吉親分は、ずる賢く立ち回って織田信長の後釜に座っちゃったからね。

そもそも信長ってなんで死んじゃったの?
それはね・・・・みたいな。

大きな流れとしては、まず幕末、関ヶ原、戦国、という流れで知っていく方が個人的には因果関係が分かりやすくてオススメです。


▷その他、私がおすすめしたい歴史漫画の一部をご紹介します
(できるだけ巻数の多くない作品に絞っています)

TBSテレビでも放送されたドラマの原作として知られる歴史医療漫画。西暦2000年の現代に外科医として病院に勤務していた南方仁が、ある日、執刀した男の脳内から奇形の腫瘍を摘出する。術後、その男は病院からその腫瘍を持ち出そうとして南方ともみ合いになるうち、南方は幕末の日本へタイムスリップしてしまう。現代へ戻る術を求めつつも、先端医療を武器に江戸の患者たちを救ううち、多くの歴史上の人物たちと出会い、やがて彼は医療の針をすすめ未来の医療の発展のために尽くそうと、江戸時代での生活を受け入れるのだが・・・。

時を超えて変わるもの、変わらぬもの。医療がなすべきこと、人の世が向かうべき未来とは?南方先生の目を通して、当時と今を行き来できるSF人間ドラマです。

Amazon:JIN-仁- 全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)
楽天:【中古】【全品5倍!5/20限定】JIN-仁- <全20巻セット> / 村上もとか(コミックセット) 価格:11,998円(2020/5/20 16:15時点)




日本史における最大の謎といわれる本能寺の変。明智光秀が、主君・信長を殺したクーデターとして語り継がれ、現代に至るまで彼こそ逆賊として歴史に名を刻んできたが、その説を覆し新たな歴史観を打ち立てるのが本作のストーリー。これまでの歴史は、ある人物により作られたものだとし、日本人が持つ光秀とは違った人物像とともに展開されていく話題作・・・。

果たして四百数十年の時を超えた真実とは?何が偽りなのか??目の離せない作品です。

Amazon:信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~ 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)
楽天:信長を殺した男 1-7巻セット (ヤングチャンピオンコミックス) [ 藤堂裕 ] 価格:4,719円(2020/5/20 16:02時点)



太平洋戦争末期。日本の敗戦が色濃くなりつつある昭和19年、海軍の予科練(海軍飛行予科練習生)の若者・渡辺たちが特殊兵器と聞いて志願したのは人間魚雷回天の基地だった。訓練を繰り返す中、国のために死ぬことへの疑問・苦悩・恐れ・・・さまざまな感情が交錯し、やがて空からは神風特攻隊が、味方からは上官を含む先発隊が出撃し、戦死していく。戦局の移り変わる中で仲間とともに出撃するも、仲間は討ち死に、自らは助かってしまう・・恥辱に耐え敵討ちの機会に焦る渡辺はついに・・・。

戦争における無知を恥じる、知らない人ほど読むべき一冊です。

Amazon:特攻の島 コミック 全9巻 セット
楽天:【中古】【全品5倍!5/20限定】特攻の島 <全9巻セット> / 佐藤秀峰(コミックセット) 価格:2,988円(2020/5/20 16:39時点)

【まとめ】暗記の最短距離は物語として理解すること


どの時代の何から始めるかは個人の好みです。

とにかく、あの頃もっと勉強しときゃ良かった〜なんてアホな後悔をしてほしくない。
歴史なんてそんな身構えるほどたいそうなもんじゃない。

『勉強!』とか肩に力を入れなくても、十分歴史は理解できるし、楽しめます。

それには、今の時代に使えるツールを都合良く利用することです。

歴史の物語の流れをザックリ掴むうえで、漫画は最強でしょう。
アニメだっていい。


こんなにラクに物事を記憶できるツールもなかなかないですから。

何度もしつこいですが、歴史はノンフィクションのドラマであり物語です。
(時の権力者たちにねつ造された歴史はおいといて)

物語として知ってしまえば、歴史なんて楽勝です。
どんどん好きになっちゃいます。

歴史のテストで良い点数が取れないと嘆くなら、ダマされたと思ってマジメに漫画を読みましょう。
きちんとアニメやドラマを見ましょう。

それをしてから教科書を読んでみてください。
間違いなく、『あ〜〜そういうコトね』とナットクできることがたくさん出てくるはずです。

知識の下地をつくってから細かい情報を見ることで、とっても記憶しやすくなります。

歴史が苦手、嫌い、意味分かんない。
こんなの好きなヤツ頭おかしい。


そんな、昔の私のように思っている人がいたら、ぜひ以上のことを試して欲しいと思います。
歴史に登場する人とか出来事って、知ってみるとすっごい面白いことたくさんありますよ!

長々と最後までお付き合いいただきありがとうございました!


▷今回ご紹介した漫画は各電子書籍サービスでもご購入いただけます!
気づいたら、私も漫画は電子書籍ばかりになっています。便利ですよね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top