ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

【iPhoneケースいらない派の必殺技】12/12Pro・格安TPU&PCケース。フィルム製「Wrapsol」じゃ不安な人へ

【iPhoneケースいらない派の必殺技】12/12Pro・格安TPU&PCケース。フィルム製「Wrapsol」じゃ不安な人へ

iPhoneケースって、付けない方が絶対カッコ良い!って思いませんか?

でも、ケースを付けていないために

買ったばかりで落下→うそーん・・・!なんて事態だけは避けたいもの。

とはいえ、大いにリスクはあります。

落下させて画面がひび割れ、操作不能に陥ったときのショックと損害は忘れられません(筆者経験済み)。

「本当はケースなんて付けたかないけど、とりあえず最初のうちだけでも安いのでいいから付けとくか・・・
でもiPhoneの色が見えないのはイヤ」という、私と同じような感情を抱えている方は多いはず。

そこで!

✔️ ケースにお金はかけたくない
✔️ フィルムタイプよりケースタイプが安心
✔️ 見た目はクリア&シンプルがいい
✔️ 引っかかる&すべるはNG
✔️ ワイヤレス充電対応は当然

といった欲求に、わずか999円の安さ(2021年5月Amazonでの金額です)で応えてくれる、超有り難いケースくんをご紹介します。

まさに、最小限の出費でカッコ良さをギリ見せられる格安TPU&PCクリアタイプです。

今回は・・・

格安TPU(ウレタン樹脂)& PC(ポリカーボネート)素材のiPhoneケースのメリット&デメリット

を実体験からひとひとつご紹介します。

読んでもらえれば、手にとってチェックした気分になれるはずですので、あなたのケース選びのために最後までお付き合いいただけると嬉しいです。

動画でのご紹介はこちら




画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2530709.jpg

驚くほどシンプルなケース5つのメリット


1.自分のiPhoneの色がしっかり見えるクリア感
2.滑りにくい素材で、持ちやすく安心
3.余計な装飾がなく、引っかかりにくい
4.程よい厚みと衝撃吸収でコスパGOOD
5.もちろんワイヤレス充電、iPhone12/12Pro対応


動画
①「ケースの取り付け方と外し方」
②「耐久性や操作性」

次から、ひとつずつ丁寧に解説していきます。

それにしてもネーミングは微妙・・・笑

「PHONE CASE」と、ウソのようにそのまんまなネーミングのロゴが箱に大きく配置されています。

さすがにこの名前で検索しても、なかなかヒットしてくれません。。。

見た目はいたってふつーです。笑

ですが、超シンプルだからこそiPhoneのデザインを引き立ててくれるのです。


▷この記事を書いている人◁

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: icon.png

こんにちは!インタビューメディア「ひとびとのひび」編集長です。

15年ほど取材・インタビューしまくりの販促制作会社1人経営者&元コピーライターでもあります。

「-9kgのダイエット」「長年の縄跳び、筋トレ継続」をはじめ、「映画・ドラマ・書籍レビュー」「難病体験」「豊富な取材キャリア」などの実体験を、ブログ形式&ライター目線で発信しています。

◆プロフィールの詳細は、ずっと下の方で紹介していますので、ぜひご一読いただけると有り難いです。



どうしてもケースの見た目にこだわりたいという方は、もう少しお金をかけて探してみてください。

この他に、iPhoneのデザインを生かす人気シリーズだと、ケースタイプじゃない全面フィルムの「Wrapsol」もありますよね。

でも、「Wrapsol」はボタン類がカバーされずむき出しなので、そこが不安という人にはぜひ今回のケースを知っていただきたいと思います。

◆フィルムタイプの「Wrapsol」をAmazonでチェックしてみたい!という方はこちら





1.自分のiPhoneの色がしっかり見えるクリア感


「iPhoneのデザインを見せないでどーする?!」
「カッコ良さが台無しだ!」


と叫びたい私やあなたのための大メリットです。

よく側面がゴム仕様になっているケースとかありますよね?

でもこちらのケースは、側面も背面もすべて透明。

特に背面は、プラスチックの中でも透明性に定評のあるPC(ポリカーボネート)素材で、余計な色や柄もついていません

だから、自分のiPhoneの色が隠れることなく、しっかり見えます。


2.滑りにくい素材で、持ちやすく安心


ケースをしているのに、ツルッと滑って地面にゴンッ!
なんて経験したことないですか?

あの悔しさとバカバカしさったらありません。

こちら、パッと見ツルツルしてそうですが、実は指をかける側面が程よい柔らかさで、弾力のあるTPUというウレタン樹脂素材。

なので、手になじみやすくしっとりした感触

握ったときに少しプラスチックの厚みは感じますが、しっかりした安定感の方がそれを上回っています。


3.余計な装飾がなく、引っかかりにくい


ひょうたんみたいな変なカーブもない、出っ張りもない。

ムダなデザインの装飾が一切ないから、ポケットなどの出し入れもスムーズ。

ボタンやカメラまわりの凹凸も最小限に抑えられていて、スライドやスタンド類も付いていないから、引っかかったりすることもないですね。

プラスチックの素材に弾力性があるので、装着しやすいのもポイント。


4.程よい厚みと衝撃吸収でコスパGOOD


ケースの四隅には、落下時を想定して衝撃吸収エアクッションが搭載されています。

さらに、前面のガラスフィルムから0.8mm、背面のカメラレンズから0.5mm高く設計されていて、その厚みで可能な限り保護するつくりに。

もちろん、落とし方によってはガラスやレンズが傷つくことはあるでしょうけど、「ケースでできるだけの配慮はしてますよ」って構造ですね。

私は特に付けませんが、不安な方はガラス面にフィルムを貼ることをおすすめします。


5.もちろんワイヤレス充電、iPhone12/12Pro対応


ケースを付けた状態のまま、ワイヤレス充電もOK。

充電ケーブルの接続もOK。

今どき当たり前だけど、便利です。

今回ご紹介している商品は、iPhone12/12Pro用のみですが、ほとんど違いがない類似品として、iPhone12Pro Max用、iPhone mini用も販売されています。

以上が大きな5つの特徴です。
いかがでしたでしょうか?

実際に使ってみても、

「ケースを付けたくないから、最小限の金額のものにしたい」という願望にぴったりなアイテムだと実感しています。

ただし、当然ですがデメリットもあります。

次は、そちらもご紹介しておきましょう。


▶合わせて読みたい◀
まだスマホにワイヤレスイヤホンを使ってない?!一度使ったら、もう有線には戻れない!その理由を実体験レビューとしてこちらで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。




格安プラスチックケース3つのデメリット


プラスチックのケースにはありがちかもしれませんが、念のため気になる部分もお伝えしておきます。

クリアな見た目でコスパが良いことを考えると、気にする人も少ないのかな?とは思いますけどね


プラスチックは高温が苦手


TPU素材はプラスチックなので高温に弱いというウイークポイントもあります。

そこだけは注意しましょう。

とはいえ、変形するほど高温な環境ってのもあまりないですが・・・。

ワイヤレス充電を長時間しているくらいなら特に問題はないですよ。


ホコリや指紋はそれなりに気になる


<ホコリ>

特に、ガラス面のケースのふちに沿ってホコリがつきやすい傾向があります。

メインの画面と違い「指が触れる機会が少ないから」でしょうね。

背面はiPhone自体の色の影響でホコリが見やすくなるところがあります。

ただ、ケースそのものが透明なので、極端に目立つというほどではありません

<指紋>

ケースに触れたときに、指紋や手の脂が残る傾向もありますが、これは・・・ご愛嬌ですかね。

プラスチックの宿命ですが、クリアな素材なので光の加減で目立つことがある感じ。

私は気になったときにサッとふくようにしてます。


全体的にややゴツくなる


これこそどうしようもないことですし、ケースとしては最小限で抑えられているのですが、「付けない派」には少し屈辱です。

付けない方が手間もなく、見た目も良く、感触も気持ちいいに決まっているのに・・・まぁ最悪の事態を考えたらやむを得ないッスね。

ケース越しでも自分のカラーをしっかり感じられますし、カメラ部分だけは直接iPhoneに触れられるので、格安ケースとしては十分なパフォーマンスと言えるでしょう。


それにしても、ケースを付けて使ってみると、付けないで使うリスクを改めて感じさせられるのも事実です。

どんなリスクがあるのか、せっかくなので少しおさらいしておきましょう。

【復習】ケースを付けずに使うリスクも再確認


やっぱり私たちのようなケースいらない派は知っておくべきだと思います。

ケースを付けないまま落下!などやらかしてしまった場合に考えられる影響のこと。

AppleCareなどのオプション契約は大丈夫ですか?

この機会に自分のプランをチェックしておきましょうね。

画面が割れる


私も2回ほど経験があります。
最悪ですよね。

見た目もさわり心地も気分も。

指をケガする可能性もありますし、耐水性が落ちたり、そのまま使っていると破損部分が大きくなることも。

ガラスはヒビ程度でも、中の液晶が損傷すると画面がにじんだりして見えなくなることも。


カメラ機能が破損する


当然、考えられますよね。

レンズが割れたら一巻の終わりですし、ガラス片なんかが入ったら基盤系が破損することもあるそうです。

あり得るだけに、やっかいです。

操作不良


これも一度経験あります。

先ほど触れましたが、液晶部がにじんだようになって、ぼんやり画面が光ったりしつつ触っても反応してくれない・・・もはやスマートフォンじゃありません。

操作できないとバックアップもできない。

これだけでも、落下や損傷を予防する理由になりますよね。

バッテリーの膨張


こんなこともあるのだそうです。

私は経験ありませんが、電気系の損傷は発火などのリスクも考えられるだけに安全面でも怖いですよね。

※参照:スマホホスピタル心斎橋本店サイトより


いかがでしたでしょうか?

iPhoneはケースを付けない方がカッコいい。
でも、付けないリスクもえげつない。

だったら、最小限の出費でカッコ良さをギリ見せられるケースを付けようというご提案の趣旨をご理解いただけたら幸いです。

あなたの大事なiPhoneを守るため、仕方なくケースを付けるなら、可能な限りコスパを最優先し、ムダのないiPhoneライフをいっしょに楽しみましょう。

この記事がそのお役に立てたら本当に嬉しく思います。


最後までご覧いただきありがとうございました!


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top