ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

【腕立て革命】回転式プッシュアップバーHarbingerは最強!〈使い方大公開〉

【PR】この記事には広告を含む場合があります。

今の腕立て伏せだと効果を感じない。
もっと効率的に鍛えられるプッシュアップバーがほしい!

そんな思いを抱えるあなたへ。

ベテランユーザーいちおしの回転式プッシュアップバー「Harbinger(ハービンジャー)」をぜひ知ってください。


この記事の内容

◆ベテランの結論
◆Harbingerのデメリット
◆Harbingerの5大メリット



本記事の執筆者
プッシュアップバーを始めてから胸囲が8cmほど拡大しました。

◆インタビューメディア「ひとびとのひび」編集長
◆販促制作会社1人経営者 & ライター

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: body_21.07.24-804x1024.jpg

◆プッシュアップバー:2018年〜
→基本3日に1度 or 5日に1度・・・怠けがち

腹筋&背筋:2014年〜
→毎日〜週イチ間隔で・・最近不定期ぎみ

縄跳び&ジョギング:2007年〜
→1週間 or 2週間に1度トライ中!

<プロフィール>アラ50・♂/178cm・64kg(2年半かけてマイナス9kg達成)

Harbingerのお陰で、細マッチョ街道爆走中です。

Harbingerの何がそんなに最強なの?

その理由を実際のレビューを交えて解説します。

「失敗しない自宅トレーニングの相棒選び」ができるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。



【結論】プッシュアップバーはこれ1つでOK


すべて私物です

実は、これまで7種類のプッシュアップバーを使用し、比較してきました。

そんな私の結論は、この「Harbinger(ハービンジャー)」が最強、ということ。


「狙った筋肉を鍛えやすい」「効率的に細マッチョ化できる」のが理由です。

回転式=負荷を調整でき、大きな可動域で鍛えられる。

そこが、他のプッシュアップバーとはダンゼン違うんです。

created by Rinker
ハービンジャー(Harbinger)
¥4,800 (2024/05/18 22:26:16時点 Amazon調べ-詳細)


✔️ スポンジ素材のハンドル=破れることがある
✔️ 二本足タイプ=ガタッと傾きやすい

といった、一般的なプッシュアップバーの欠点もありません。

次項から、実際のユーザー目線で「Harbingerのメリット・デメリット」を掘り下げ、レビューしていきます。


◆運動後の体のケアが気になる方はこちらの記事が参考になります



【デメリット?】ちょっとだけ気になる注意点


メリットはたくさんあるので、先に2021年から使ってきて気になったところをご紹介します。

デメリットというよりは、使用上の注意点ですね。

Harbingerはモデルチェンジしたので今は新型を使っています。




✔️ ハンドルを握る手が少し痛い


新タイプのハンドルのゴム素材の柔らかさが分かる写真

回数を重ねると、手の平に多少の圧迫感や痛みを感じることはあります。

ですが、ハンドル部は柔らかいゴム仕様です。

少し痛く感じたら、握り直したりすれば緩和されるので問題ありません。

スポンジタイプのハンドルでも、圧迫されると痛みを感じたりするのは同じです。

なので気にするほどではないですね。




✔️ しんどいと勝手に回ってしまう


疲れてくると、無意識にラクな角度に手首が回ってしまうことがあります

例えば、逆手に持って腕立てしていたのに、持ち上げるときに手が自然と順手に回っていくような感じ。

でも、回ってくれることでブサイクな格好でもどうにか体を持ち上げられたりもします。

最後の最後のラスト1回を頑張れるって言い方もできますね。

気になった点は以上です。

どれも使用上は問題ありません。

では早速、メリットについてもご紹介します。


回転式プッシュアップバー「Harbinger」の5大メリット


ヘビーユーザーである私の検証結果が、こちらです。

Harbinger5大メリット

①負荷のかけ方を回転で微調整できる
②重心が低く横からの力にも安定
③滑りにくく場所を選ばず使える
④割高なのに使ってみればコスパ納得
⑤他のタイプより使っていて楽しい
どれも他のプッシュアップバーでは味わえないメリットです。


ひとつずつ、解説していきます。



回転して調整し腕立て効果を高められる


Harbingerの強みは、なんといっても360度回転すること。

手首や腕にひねりを加えながら腕立て伏せができる鬼・優れものなんです。


クルクル回るのが良いんじゃなく、微調整の自由度があるのが素晴らしいのです。

もちろん、深く沈んでしっかり大胸筋をストレッチさせることも。

normal_push up _photo

これだけでも、ふつうの腕立て伏せより効果的・効率的なのが分かりますね。


回転によって負荷を微調整できる最大のポイントは2つ。

✔️ 筋肉を狙い撃ち
✔️ ケガの予防

どちらも腕立て伏せをしている最中に、手の向きや腕の角度を変えられるからできることです。


✔️ 筋肉を狙い撃ち


例えば、​ヒジの関節を曲げにくいナロープッシュアップ​。

※写真は旧タイプです。

ハンドルを回して微調整できると、動きやすいうえにしっかり負荷を確認しながら上下することができます。

つまり「負荷をかけたい筋肉を正確に狙える」ってことです。

凄ーい!

それだけ効率的にパンプアップできるってことです。



✔️ ケガの予防


腕立て伏せをしながら、「ここに負荷かけると危ないかも」と思ったら回避することができます

回転して調節できるって、そういうメリットもあるんだね!

筋トレは、ケガのリスクがありますからね。


ケガを最小限に抑えられるのも、大きな魅力です。




②重心が低く横から力を加えても安定


横からの力に強いと、なにが良いのか?

腕を大きく広げて腕立て伏せをしても安定するってこと。

手の位置が広くなるほど、プッシュアップバーには横から力が加わることになります。

ワイドプッシュアップで右に負荷をかけているシーン

左右に体をふるアーチャープッシュアップでも安定感たっぷり。

ワイドプッシュアップで左に負荷をかけているシーン

上腕二頭筋も三頭筋も胸筋も効率的にトレーニングできます。


通常の「逆U字型タイプ」だと、横からの力でパタンっと倒れたり、傾いたりするんです。

・・・それだけ?



と思ったそこのあなた、甘いです!
↓(動画参照)


倒れる心配がないだけで、トレーニングのバリエーションがグンと広がります。

すると、ギリギリまで追い込めるのでより効果的に鍛えられるワケです。




③滑りにくく場所を選ばず使える


「Harbinger」は、フローリングやカーペットの上でも問題なし

底面のゴムがストッパーになります。

なので、カーペットはもちろん、フローリングやビニールクロスのような床でもグリップします。

※毛足の長いカーペットは固定しづらく、カーペットが傷むのでおすすめしません。


プラスチックやスポンジの底面に比べ、かなり滑りにくいので安心して使えます。


プラスチック素材の底面

スポンジ素材の底面

なるほど、なるほど。


タイルカーペットのような素材なら、プラスチックやスポンジでも滑りにくくおすすめですよ。

※手を広げ過ぎると滑るのでご注意を。




④割高なのに使ってみればコスパ納得


はっきり言って、他のタイプと比べて金額はやや割高です。

最安値でも4,000円くらいします。

created by Rinker
ハービンジャー(Harbinger)
¥4,800 (2024/05/18 22:26:17時点 Amazon調べ-詳細)

他と比べると、確かに少し割高です。

ただ、7種類のプッシュアップバーを使ってきたベテランからすると、十分にモトは取れるので、むしろコスパ超優秀で安心と言いたいですね。

例えば、 3日に1回のペースで使ったとして、「1ヵ月で10回」、「3ヵ月で30回」

3ヵ月使ったら「4,000円 ÷ 30回=133円/1回」って計算ですね。

「いや、3日に1回もやるの?」
「30回使っても1回133円って、高くない?!」

そう考えちゃった人は、残念ですがこのタイプは止めておいた方が良いと思います。

「ちゃんと成果を出したい」という気持ちがないと、宅トレは途中で挫折してしやすいからです。

逆に「細マッチョ化できれば十分モト取れるぞ」と前向きに考える人には、本当におすすめです。

ちなみに、都内の「ANYTIME FITNESS」でもざっくり「8,000円〜10,000/1ヵ月」くらい。

ジムに毎月通うより、バカみたいにお得です。

確かに。

金額以上にお得なのは、構造がシンプルで壊れにくく、長く愛用できること。

スポンジ素材だと劣化するリスクがありますが、この「Harbinger」はそれもありません

「Harbinger」はコスパ最強と言っても過言じゃないですね。




⑤他のタイプより使っていて楽しい


回転するだけで、負荷の効かせ方をいろんなパターンで試せます。

上体を起こした逆手腕立て伏せの正面写真
上体を降ろした逆手腕立て伏せの正面写真


逆手に持ち、逆ハの字で大胸筋の上部に刺激を与えてみたり。

尻上げ腕立て伏せの動作前を横から見た写真
尻上げ腕立て伏せの動作後を横から見た写真

お尻を上げた姿勢で、肩に刺激がいくように角度を調整してみたり。


プッシュアップバーを使って両足を上げて腹筋を鍛える男性写真


これ1台でさまざまなメニューができるので、大胸筋も腹筋もばっちり。

毎回、工夫できる楽しさがあると飽きにくいかも!

だから継続しやすく、最短距離で効果を出せるんです。

使わないなんてモッタイナイ。損しかないですね。

自撮りの上半身トレーニング効果

ちなみに腕立て伏せは、「腹筋」「背筋」など全身の筋肉も刺激するので、トレーニングとしても効率的。

Amazonのレビューでも星5つ★★★★★の高評価が圧倒的に多いのも納得です。

created by Rinker
ハービンジャー(Harbinger)
¥4,800 (2024/05/18 22:26:18時点 Amazon調べ-詳細)

Harbingerは、 自宅で人知れず生まれ変わるための最強のパートナー。


お陰様でアラ50の現在も細マッチョ街道まっしぐらです。

◆運動後の体のケアが気になる方はこちらの記事が参考になります
>>ボディピクセルマッスルガンの筋膜リリースはなぜ凄い?〈口コミ・評判も〉


【2022年〜】新タイプにリニューアル


変更ポイントは、ハンドルの形状とサイズ感。

左が新しいタイプ。右が掲載の旧タイプ。

新しいタイプ(左側)の裏面は全面ゴム製で、より滑りにくい構造に。

旧タイプ:直径約17cm

以前は、ハンドル部分が台形のようカクカクしてました。

新しいタイプ:直径約20cm

新しいタイプは、ハンドルがキレイな円筒形になり、握りやすく改善

ハンドル全体がゴム素材で柔らかく、使用中に痛みを感じることも減りました。


サイズが大きくなった分、安定感も増したんだよね!

旧タイプの課題が改善され、満足度アゲアゲです。

※旧タイプの販売は終了しています。




【まとめ】有酸素との合わせ技も細マッチョ化におすすめ



以上が、ヘビーユーザーのレビューです。

Harbinger5大メリット

①負荷のかけ方を回転で微調整できる
②重心が低く横からの力にも安定
③滑りにくく場所を選ばず使える
④割高なのに使ってみればコスパ納得
⑤他のタイプより使っていて楽しい


これだけ揃っているプッシュアップバーは、7種類のタイプを使ってきた私の知る限り他にありません。

あなたの理想の体型に変身し、見せる&ホメられる喜びを味わってください。

細マッチョ化には、有酸素運動で脂肪を減らすことも重要です。

特に、遊び感覚で楽しくできる「縄跳び」は、ランニングとも相性良くおすすめ。

すきま時間にサクッと肉体改造したい方は、こちらの記事も参考になるはずです。


今後も、お互いに理想の肉体づくりを楽しみながら励んでいきましょう。

この記事が、あなたの今後の参考になったなら嬉しい限りです。

最後までご覧いただきありがとうございます!
ご質問があれば、ぜひコメント欄に!

created by Rinker
ハービンジャー(Harbinger)
¥4,800 (2024/05/18 22:26:18時点 Amazon調べ-詳細)

大胸筋と合わせて腹筋・背筋も楽しく鍛えたい人におすすめです
【怠け者必見】トレーニングマット5つの効果と選び方〈おすすめは厚さ1.5cm〉


この記事がお役に立ったら、ぜひシェアしてね!


コメントはこちら

Return Top