ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

『街で発見!』中目黒から目黒まで、目黒川沿いをメインに歩くのは吉か凶か。[目黒区編]

『街で発見!』中目黒から目黒まで、目黒川沿いをメインに歩くのは吉か凶か。[目黒区編]

こんにちは!
コピーライター&デザイン事務所経営者、本ドメインのメインサイト「ひとびとのひび」の編集長です。


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon.png です

このブログは、ライター業を通じて、多種多様な業界の方々の仕事や働き方、生活スタイルをインタビューしまくってきた私が、さらに自分の手と足で、見たり、調べたりした実体験をもとに発信しています。



遠回りのように見えても、目黒川沿いを行くのがおすすめ。


言わずと知れた目黒川
今回は、こいつを主役にしてみようかと思います。


■テーマとしては・・・・

中目黒から目黒まで歩いて行くのは無茶ではないのか
どの道を行くのがよろしいのか
どのくらい疲れるのか
(個々の年齢や体力、体調などの違いは考慮せず、あくまで一般成人男性を想定)

渋谷区方面

結論、中目黒から目黒までなら、さほどムリなく歩けてしまいますね

ただ歩きだと、どうしたって上り坂からは逃げられません


山手通りから目黒駅へ向かうワケですから、どのルートを使ったとしても坂を上ることになります。

どの道を使うのが最短なのか正確な距離は分かりませんが、目黒川沿いに歩いて行くのは、恐らく最短距離ではありません。
どちらかというと遠回りですかね。

一直線ではなく、直角に移動するイメージでしょうか。

ただ、仮に遠回りだとしても、やっぱり川沿いを行くのは個人的にはオススメします。

なんとなく飽きない、写真が撮れる、変な発見があるから気分は良い。


川沿いには遊歩道が整備されているので、車を気にせず、のんびりキョロキョロしながらお散歩気分を満喫できるからです。

もちろん目黒駅までは続いていないので、目黒通りに出るあたりで終わってしまいますが。

川沿いの遊歩道/目黒・五反田方面

ジョギングしている人、お散歩している人、買い物袋をぶら下げている人、ベンチに座ってランチでもしながら楽しそうにお話ししている人。

本当にいろんなシーンを目にします。
それも目黒川沿いを歩く醍醐味の1つだと思
います。


それに、川沿いはいわゆる桜並木。春に限らず、なんとなくシャッターチャンスな、なんちゃってカメラマン気分な瞬間を感じることができます。

よーく見てみると、何げに道路の舗装や川を渡る橋やちょっとしたオブジェ的なものも不思議だったり、凝っていたり。


遊歩道が、赤

さすが都内有数のいやらしスポット。

目黒と名が付けば意味なくイメージが良くなる、そんな傾向ってありますよね。


ウォーキングを意識している人には程よい距離。真夏でなければなお◎


だた、目黒川の水は基本かなり汚いです。
夏場なんて臭いです。

その代わり、氾濫の歴史を繰り返してきただけに、テクノロジーを駆使し治水対策には定評があります。

そのあたり、ちょっと調べて後日記事にしてみたいと思います。

区のHPなんか見て見ると、けっこう情報がありそうです。

どうやら目黒川にかかる橋のマップのよう・・不思議

そんなこんなをふまえて、川沿いを歩いてみたとき、どのくらい疲れるのか。

どうでも良いような気がしますが、目黒川から目黒駅までは、前述した通り上り坂なので結構きつく感じる人もいるでしょう。季節によって汗だく必至です。

距離的にも、散歩程度の速度ならハァハァいうほどではありませんが、結構歩いたなという充足感は得られるはずです。


所要時間を提示するのはとても難しいですが、お散歩気分で歩くなら、成人男性の足でも30分じゃ足りないでしょうが、早歩きならいけるかもって感じでしょうか。

時間があるときなら、確かめてみる意味でも歩いてみるのは「吉」ですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top