ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

水道の水といえば塩素消毒。いいえ高度浄水処理ももはや常識?![浄水場編]

水道の水といえば塩素消毒。いいえ高度浄水処理ももはや常識?![浄水場編]

今回は、水道料金のコストと大いに関係してくる浄水場の働きについて。

東京都水道局をはじめとする参考情報を交えてご紹介します。


▷この記事を書いている人◁

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: icon.png

こんにちは!インタビューメディア「ひとびとのひび」編集長です。

15年ほど取材・インタビューしまくりの販促制作会社1人経営者&元コピーライターでもあります

映画・ドラマ・書籍レビューをはじめ、「-9kgのダイエット」「長年の縄跳び、筋トレ継続」「豊富な取材キャリア」「消化器疾患体験」などの実体験を、ブログ形式&ライター目線で発信しています。

◆プロフィールの詳細は、ずっと下の方で紹介していますので、ぜひご一読いただけると有り難いです。


水道料金の原価ってどんなものが含まれているかしってる?詳しくはこちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

水道水をつくりだす浄水場って、どんなことしてるの?

そもそも、浄水場で水がつくれるって、どんだけ〜、ってあたりから。

今回は東京都で最も大きな施設能力を持つという
朝霞浄水場を例に見ていきたいと思います。
まずその施設能力。

東京都水道局HPによると、
なんと一日につくりだせる水道水の量は最大170万㎥(東京ドーム約1.5杯分)!
東京都で使われる水の約1/4がここ朝霞浄水場でつくられているのだとか。
かなりゴイスー。

その浄水場では一体どんな行程で水道水がつくられているのだろうか
一般的な浄水場の場合

※参考:東京都水道局 広報・広聴「水道・くらしのガイド 水道水が届くまで」

ダダダーッと、浄水場での工程が紹介されています。
あくまでも一般的な浄水場の例ということですが、
ざっくり言うと、

沈殿:凝集剤などの薬品を使って水に含まれる細かい砂や土などを沈める

ろ過:ろ過砂によって、沈殿だけでは取り除けなかったフロック(細かい砂や土などと薬品が固まってできる粒)を漉す

消毒:ろ過した水に次亜塩素酸ナトリウムをまぜて消毒する

という流れ。
で、この「ろ過」から「消毒」までの間にさらに行われているのが、
「高度浄水処理」というもの。

塩素消毒だけじゃない、水道水の高度浄水処理とは?

この朝霞浄水場では、
高度浄水処理の施設である「オゾン接触池」「生物活性炭吸着池」の前後に
「ろ過池」を設置する方式を日本で初めて導入したということです。

では、その高度浄水処理の仕組みを見ていきましょう

簡単に言うと、通常の浄水処理(沈殿、ろ過、消毒)では取り除き切れない、
臭いの元となる微生物なんかを除去
するというもの。

※東京都水道局HP「水源・水質 高度浄水処理について」

オゾン処理
オゾンの強い酸化力と殺菌作用でかび臭の原因物質やトリハロメタンのもととなる物質などを分解。

生物活性炭吸着処理
活性炭の優れた吸着作用により、かび臭などを除去。
また活性炭の表面に繁殖した微生物によりアンモニアなどを分解、汚濁物質を処理。

東京都では、平成25年時点で、利根川水系の浄水場については高度浄水を100%達成しているといいます。

最後までご覧いただきありがとうございました!

今後は、利用している水系の違いなどについても紹介していきます。



コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top