ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

名作映画・ドラマ紹介㉑〈独断と偏見によるオススメ面白DVD・感染列島〉

名作映画・ドラマ紹介㉑〈独断と偏見によるオススメ面白DVD・感染列島〉

こんにちは!ひとびとのひび編集長っス。
メインサイト「ひとびとのひび」の編集長個人ブログです。

いつも、自分の体験をもとに、幅広いジャンルで「!」とか「?」とか「なんじゃそら・・」などをお届けしています。


今回ご紹介する作品:
「感染列島/監督:瀬々敬久 主演:妻夫木聡」

2009年、妻夫木聡主演で上映された「感染列島」。
鳥インフルエンザに端を発した新型インフルエンザと思しきウイルスがパンデミックを引き起こす、まさに現在と重なるテーマを描いた物語。


新型コロナウイルスの究明と封鎖同様、新型インフルエンザの猛威に立ち向かう


ある日、東京の病院で働く若き救命救急医の松岡(妻夫木聡)のもとに風邪の疑いのある男性患者が訪れる。

念のためインフルエンザの検査を行うも陰性、ところが翌日、極度の症状悪化で再び運び込まれると、肺炎など多臓器不全を起こしており、治療に当たった医師安藤(佐藤浩市)の顔面に吐血し、直後に死亡

近隣の養鶏場で鳥インフルエンザが発生していたことからも新型インフルエンザと結論づける。
その後、院内感染を引き起こし、さらに全国各地へ拡大していく。

フィリピンの鳥インフルエンザを発生源とし、それが人から人へ感染する過程でウイルスが変異したことで生まれたと考えられる新型インフルエンザ。

その原因究明と感染封鎖のためWHOからメディカルオフィサーとして小林(檀れい)が病院に派遣され全体の指揮を任されることに。

果たして、このウイルスの正体を突き止め、感染拡大を防ぐことができるのか、本当に新型インフルエンザなのか・・・というお話し。

都市封鎖や非常事態宣言、物資の買い占めなど類似点いろいろ。とはいえ不思議なキャスト


亡くなった男性の妻(池脇千鶴)も感染していたが一命をとりとめたことから、ウイルス封じ込めのための一助となる。

非常事態宣言、都市封鎖、買い占め、地方避難などどこかで聞いたような事態が映像の中で再現されている。

最前線で戦う医療現場のパニックの模様などは改めて背筋をただされる思いがする。

また本編では、原因究明のブレーンとして協力する、なぜか関西弁の獣医師役に藤竜也、病院看護師(国仲涼子)の夫役に爆笑問題の田中裕二、野心に燃える研究者役にカンニング竹山が登場
全体的になんとも不思議なキャスティング。

出演時間は少ないが、東京で鳥インフルエンザを発生させた養鶏場の娘の恋人役として太賀も出演していたのは驚いた。

感染症から医療崩壊が起こる現実を直視。ですが・・のっぺりはしてるかな


それはそれとして、妻夫木聡の元恋人役が檀れいという時点で、なぜ?という疑問が拭えない。

男女の関係にはおよそ見受けられないその年齢差もさることながら、何より檀れいの演技が・・・。

今まで一度も見たことがない作品だったが、その理由が分かってしまった。

正直、微妙

テーマがあまりにも現在と類似しているだけに、その意味においては見ておいて損のない作品だと思う。

感染症から医療崩壊へとつながってしまう理由が視覚的に理解できるから。
でも、それだけかな。

余談だが、感染の可能性のあるアチコチの場所にマスクなしで出かけていくシーンなんかは今見るとけっこう気になってしまう。

割とのっぺりとした抑揚のない映画かもしれないが、医療従事者の心情を察するには十分な作品でもあると思う。

今まさにその方々に支えられ、今後も支えてもらわなければならない頼り切りの状況なのだから。

もし自分が感染したら?

最も直視すべきは何なのか、気づきを与えてくれることは間違いないと思う。

アウトブレイクやコンディションなどなど関連するテーマの作品は多岐にわたる。この機会に片っ端から見まくってみるのも良いかもしれない。


▷楽天
【送料無料】[枚数限定]感染列島 スタンダード・エディション/妻夫木聡[DVD]【返品種別A】 価格:3,762円(2020/4/9 04:25時点)

▷アマゾン
感染列島

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top