ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

名作マンガ紹介〈独断と偏見によるオススメの面白マンガ・プレイボール〉

名作マンガ紹介〈独断と偏見によるオススメの面白マンガ・プレイボール〉

こんにちは!ひとびとのひび編集長っス。
メインサイト「ひとびとのひび」の編集長個人ブログです。


今回ご紹介する作品:
「プレイボール/原作:ちばあきお」」

東京下町の中学、墨谷二中の野球部を舞台にした野球漫画
「キャプテン」の続編として描かれた名作
同主人公・谷口の墨谷高校野球部における反骨の青春スポ根ストーリー。


サッカー部からスタートするキャプテンの続編野球マンガ。山田太郎とどこかカブる?


昭和の野球漫画の金字塔といえば、
あの水島新司の名作「ドカベン」が筆頭といっても過言ではないだろうと
個人的には思っている。

続編の「大甲子園」へとつづく一連のシリーズを読んで、
野球に、高校野球に憧れを抱いた少年たちがどれほどいたことか。

その主人公である山田太郎は、
実は野球部に入る前は全く畑違いの柔道部に所属
していた。
ご存知の方も多いだろう。

そして本作の主人公谷口タカオは、
高校で野球部に入部する前、サッカー部に一時所属していた
のだ。

それはもちろん本人の希望ではなく、野球の道を諦めていたから。
中学時代、指の骨折をおして力投した結果、ムリがたたり、
人差し指が曲がった状態で固まってしまったため

まともにボールが投げられなくなっていたのだ。

入学当初は野球への思いが忘れられないのか、
野球部の練習をぼんやり眺めて過ごす日々が続いていた。

そんな谷口の未練を断ち切らせようと
サッカー部のキャプテンに誘われて入部するのだが・・・
まぁいろいろあってめでたく野球部への入部が決まり、
また野球に対する情熱を取り戻しはじめる
、といったあたりからストーリーが展開していく。

ケガの功名から生まれたフォークボールが主人公にもチームにも切り札に


中学時代、名選手でならした谷口が
晴れて野球部に籍を置くことになったのは良かったが、
当時の墨谷高校野球部は、ひまつぶしで楽しんでいる草野球チームのようなノリだった。

谷口自身も、野球の道に復帰したとはいえ、相変わらず指は曲がったまま。
ふわっとした山なりの玉やゴロでの送球が精一杯だった。

その代わり、膨大な野球の知識や経験則を余すところなくチームへ還元し、
意識改革という面で大きく貢献していく。

そんな中、もちまえの創意工夫の末、
少しずつまともなボールが投げられるようになるばかりか、
あるきっかけでフォークボールまでマスターしていくことに。

まさにケガの功名というヤツで、曲がった指で引っかけて投球することにより、
手元でストンと落ちる玉が投げられるようになった
のだ。

それが彼の切り札となり、快進撃がはじまっていく、みたいな。
このあたりからチームのレベルもグングンと上がっていき読み応えが増していくワケだ。

そして、3年生の引退と同時に、
谷口は1年生でキャプテンに抜擢され、その後のチームの舵取りを託される。

キャプテンから読むか、プレイボールから読むか。読後の余韻に浸るなら後者かも


コミックスは全11巻。(初期作品は全22巻)

「キャプテン」では主人公の谷口が引退したにもかかわらず、
その後も丸井、イガラシとキャプテンのバトンをつなぎながら
連載がつづく
という独特の作風も魅力のひとつだった。

と、以前の記事「名作マンガ紹介〈独断と偏見によるオススメの面白マンガ・キャプテン〉」で紹介した。

一方、本作は谷口キャプテンの代だけの話だが、
なんとも含蓄のある締めくくり方
になっている。

これ以上は話せない。

話せないのは読んでほしいからだが、
できればぜひ今どきの若者に読んでもらいたいものだ。

このプレイボールも冒頭のドカベンに劣らず、
やはり昭和を代表する野球漫画に違いない

世界観は全然違うし、キャラクター陣もドカベンほど派手じゃないけど。

ドカベンと決定的に違うのは、弱小チームが着実に成長していく、
という物語の構成そのものだろう。
あと絵のタッチ。
真逆。

思い出してみると、なぜそうなったか分からないが、
私は続編である本作「プレイボール」の方から読んだ。
小学生の頃だったかな?単純にキャプテンの存在を知らず、
本作を読んだことで遡って読むことになったと記憶している。

どっちから読んでも構わないと思うが、
まぁ時系列を追っていく方がフツーにおすすめだろう。

ただ、プレイボールを最後まで読み終えたとき、
主人公・谷口のその後の活躍とともに、将来の姿について思わずにいられない

設定では私よりかなり年長だが、
いまだ時間を見つけては素振りをしてみたり、河川敷のグランドあたりに腰を下ろして、
少年たちのプレイに眼を細めている実直そうな背中をつい想像してしまう。

つづきはまた!違う作品で!


谷口率いる墨谷二中野球部の青春ストーリーはコチラ!

▷今回ご紹介したコミックスはこちら
プレイボール 全11巻 ちばあきお ハードカバー [マーケットプレイス コミックセット]

ちばあきお作品はじめマンガの名作も電子書籍で読めちゃうのは良いですね

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top