ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

『週イチ連載シリーズ2』 第2話 ほぼ未経験からコピーライターになるために〈バイト、養成講座、就活まで〉

『週イチ連載シリーズ2』 第2話 ほぼ未経験からコピーライターになるために〈バイト、養成講座、就活まで〉

こんにちは!ひとびとのひび編集長っス。
メインサイト「ひとびとのひび」の編集長個人ブログです。

テーマによって内容がコロコロ変わります。

前回までのあらすじ
コピーライターとして再就職したいと思いながらも
たった数ヶ月の胡散臭いキャリアしか残せなかった前職
いったい何から手をつければ次の光明が見えてくるのか・・・
そんな時、前職の先輩の友人である
グラフィックデザイナーのSチンと会う機会に恵まれ
アドバイスを受けられることに。


とはいえ、自分の不甲斐なさにやさぐれちゃったりしてる始末・・・。

その辺りは前回、

で、ふれました。
なので、そのつづきから。

Sチンの神発言に、己の立場も忘れイラつきながらも・・・

教えてもらっている立場なのに、
何言ってんだか分かんなくなってだんだんイラつき気味に

私:「で、オレらは何すりゃいいすかね?」

偉そうに片手でジョッキ食らいつつのたまう私。

今ならケリですね、こんな不遜な若造。
我が過去ながら信じられません。

絶対就職の面倒なんてみないですね。
Sチン神っす。

Sチン:「やっぱり業界の出版社が主催している
養成講座とかに通うのが良いんじゃないですか?」

レモンサワーを口元に運びながら神発言はつづく。

私:「養成講座??」

Sチン:「そう、宣伝会議とか広告批評とかがやってるヤツ」

私:センデンカイギ??・・コウコクヒヒョウ
・・・なら聞いたことあるぞ・・・というか、たまに買ってる
・・最近知ったばっかだから。」

などと巡らしながら、
はじめてSチンの話に合点がいった喜びを隠しつつ、
神妙な面持ちを装って業界人ぽい口調に。

私:「それ、オレも考えてたんすよね〜
クリエイティブの最前線の人たちが講師になってるっすもんねぇ」

Sチン:「そうそう、それそれ。」

実は、本当にその日の直前に
広告批評主催の広告学校なる講座があるらしいことを知ったばかりでした。

養成講座に光明を見出し、Sチンが若干ヒクほど質問攻めに


Sチンの説明をまとめると、どちらの講座も・・・

学生や社会人を対象にしており、学歴や職歴は関係ない。
授業は基本夜の時間帯
「学校」と名が付いていたりするが学校ではない
学校ではないので特別就活を後押ししてくれるものでもない

といったことをざっくりと教えてくれました

この講座を受講したからといって、
就職先が保証されるものでもなく
誰かがしっかりあっ旋してくれるものでもないことは承知していましたが、
それでも現役の有名コピーライターが

「コピーライターとはなんぞや」

「どんなコピーがコピーというものなのか」


を教えてくれるはず、と想像し、興奮していました。

「オレ、行きます!」

その場で決意していました。

実際、すぐに書店で双方の最新刊を購入し応募を試みるのですが、
結論から言うと、
広告批評の広告学校はすでに定員に達したということで受付終了。

ならばと宣伝会議のコピーライター養成講座に応募し、
通うことになったのです。

秋から春先までのおよそ半年間とのこと。

晴れてコピーライターへの第一歩の行き先が定められたのは
喜ばしい限りだったのですが、
半年間の講座は、タダではありません。

確か15万円弱くらいだったかな?
2020年2月現在「コピーライター養成講座 基礎コース」で16万円(税別)のようですね)※宣伝会議HP参照
それなりに受講料がかかったと思います。

そのお金を用意しなければいけません

当時は実家住まいとはいえ、
就活や車の維持費などお金は必要ですからバイトは始めていました

ザ・電線工事
バリバリのガテン系ですね。


バケット車というトラックで
ケーブルテレビのケーブル敷設作業を行う社員のサポート役です。

電柱から電柱へ、トラックから伸びるアームの先で
人が作業する姿
を見かけたことがあるでしょう。
あれです。

バイトの詳細についてはまたふれるとして、
その頃、季節は残暑厳しい初秋。
ゴリゴリにいわゆるドカタ焼けしているわけです。

頭にタオルを巻いて出かけるのもクセになっていました。
その辺りが後の恥ずかしい体験にもつながるのですが。

つづきはコチラ!次回第3話で!⬇️


▷こういうサービスが当時からあったらバイト探しはもっと楽だったのかな・・
仕事があっても働くかどうかは本人次第ッスよね
バイトが決まると祝い金!バイトさがしはマッハバイト

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top