ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

家庭の水道代って基本どうやって決まるんだろう?[水道料金編]

家庭の水道代って基本どうやって決まるんだろう?[水道料金編]

こんにちは、ひとびとのひび編集長っす。
メインサイト「ひとびとのひび」の編集長個人ブログです。

今回は、過去に何度かとりあげた、水道にまつわる素朴なギモン編
特に、水道料金にまつわる仕組みなどについて、
東京都水道局をはじめとする参考情報を交えてご紹介します。


前回は、

において、水道水の備蓄にまつわるポイントを紹介していますので、こちらもぜひ。


水道料金にある基本と従量の違いとは?

そもそも、水道料金には基本料金従量料金があることをご存知でしょうか?

基本料金:使用水量の有無に関わらず「水道メータの口径」に応じてかかる料金

従量料金:使用水量の増減に応じてかかる料金

要するに、基本料金は水を使っても使わなくても一定の金額
従量料金は使った分だけ金額があがっていくワケです。

そして、この2つの合計が水道料金として徴収されます。
(下水道料金も合算されます。)

※参考:東京都水道局HP「水道料金・下水道料金の計算方法(23区)」

「水道メータの口径」って?
家庭内の蛇口ではなく、
水道メーターの管の太さのことを指しています。

一般家庭では13mmか20mmが主流のようですが、
現在は20mmの家庭も多いのだそう
(1つの家庭に複数の蛇口が設置されるのが普通になったから)。

口径の大きさは、複数の蛇口を同時に使用しても
メーターの性能に支障がないか、
水道管内を流れる水のスピードが適正か
どうか
などのよって決められると言います。

ココの太さが口径/盛岡市上下水道局HP

呼び径と表記されることもありますが、例えば口径13mmだと、
3つ以上の蛇口を同時に使うと水量が弱くなる可能性
があるのだとか。

てことは同じ使用は2つまでに抑えなければならない・・・
一人暮らしじゃない限り難しそうですよね。

※参考:盛岡市上下水道局ホームページ

水道料金の計算方法はややこしい・・・ので計算してみよう

で、いきなりだーん!と水道料金の計算方法

東京都水道局「手続き・料金」

先ほど紹介した口径基本料金従量料金が記載されています。

水道料金の明細が手元にあれば確認すると分かりますが、
水道料金はこの表を基準に、
水道と下水道の料金をガッチャンコして徴収されます。

例えば、一般用で1ヵ月に24㎥を使用した場合をみてみましょう。
実際の徴収は2ヵ月分まとめてですよね。ここでは1ヵ月分で計算し、紹介します。

まずは基本料金

表によると、24㎥の場合は、
➡基本料金1,170円に相当しますね。

次に、従量料金


上記の表で1㎥〜24㎥までの範囲はすべて計算対象となります。
てっきり24㎥の場合は「21㎥〜30㎥」の部分だけを見て
計算すれば良いのかと思いましたが、そうではないんです


1㎥〜24㎥までの範囲に相当する
「1㎥〜5㎥」「6㎥〜10㎥」「11㎥〜20㎥」
についても料金の計算対象になるので、
それぞれの計算結果を足す必要があります。

そして、計算するうえで気をつけないといけないのは、
表内に従量料金として記載されている金額は
「1㎥につきの料金」だということ。
つまり、使った分だけ掛け算する必要があるのです。

てことは、24㎥の場合の従量料金は、

最初の1㎥〜5㎥は料金がかからないので計0円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6㎥〜10㎥のところの単価は22円/1㎥
24㎥ということは、6㎥〜10㎥をフルに使っているので
22円×5㎥分(6・7・8・9・10㎥分)となり、計110円となります。
(8㎥しか使っていなければ22円×3㎥分ですので66円)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11㎥〜20㎥部分もフル使用(10㎥分)で計算することになるので、
128円×10㎥分計1280円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後の21㎥〜30㎥部分は、4㎥分だけなので、
163円×4㎥分となり、計652円

※消費税別途

まとめると

◎1㎥〜5㎥=0円

◎6㎥〜10㎥=110円

◎11㎥〜20㎥=1,280円

◎21㎥〜24㎥=652円

➡従量料金計2,042円

つまり、上水道料金のトータルは
「基本料金1,170円+従量料金2,042円×消費税分1.10」
計3,533円となります。

※1円以下端数切り捨て

下水道料金も計算されたうえ上水道料金とともに徴収されている

下水道料金も同様の計算です。

◎0㎥〜8㎥=560円

◎9㎥〜20㎥=1,320円(110円×12㎥分)

◎21㎥〜24㎥=560円(140円×4㎥分)

➡下水道料金計2,440円

つまり、下水道料金のトータルは
「2,440円×1.10」
計2,684円となります。


ということで、まとめると
一般用で1ヵ月に24㎥を使用した場合の上下水道料金は
上水道3,533円下水道2,684円
合計水道料金6217円


ふぅ〜〜・・・結構しんどい。。。


ちなみに、世帯の人数ごとの水道使用量の平均
東京都水道局によるとこんな感じだそうです。

※参考:東京都水道局HP「よくある質問 もっと知りたい水道のこと」
※水道料金は地域によって異なります。


水まわりのトラブルに緊急駆けつけ【水のトラブル救急車】

トコトンやさしい水道の本 (B&Tシリーズ―今日からモノ知りシリーズ)

水道の使用量も含め、改めて自分の場合の料金がどうなっているのか、
明細とともに見直してみるのも良いのでは?

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top