ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

『シリーズ3』第13話 転職ばかりでコピーライターのキャリアが定着せずバイト生活

『シリーズ3』第13話 転職ばかりでコピーライターのキャリアが定着せずバイト生活

こんにちは!
コピーライター&デザイン事務所経営者、本ドメインのメインサイト「ひとびとのひび」の編集長です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon.png です


このブログは、ライター業を通じて、多種多様な業界の方々の仕事や働き方、生活スタイルをインタビューしまくってきた私が、さらに自分の手と足で、見たり、調べたりした実体験をもとに発信しています。

シリーズ3に至るまでのあらすじ・・・
インチキ広告制作会社にコピーライターとして就職し
アホらしさのあまり辞めてコピーライター養成講座を受講。
次のデザイン事務所も気に入らずぴったり1年で退社。
そしてなぜかマンキツでバイトすることに・・・

いざ、誘われるままに静岡出張へ。
今回のオーナー社長は脱サラ系で、独立後初めての出店。
しかも某有名人の兄という事実を事前に聞かされながら知らぬフリをしなければならず・・

その辺りは前回、


で、ふれました。なので、そのつづきから。

事前の集客準備がまったくできていないお店の現実にどん引き&早朝チラシ配り


新店のオープン前夜にオーナーからまさかのカミングアウト。

某芸能人の兄と知らされリアクションに困ったものの、とりあえず何食わぬ顔で『初めて知りました』アピールには成功した

その日の夜は、思いのほか作業が進まず、結局、遊びに行くこともできずに真っ直ぐ宿へ戻ることに。

芸能人ネタが全く広がらなかったこともあったが、そんなことより、事前の集客活動が芳しくないという事実を聞かされ、急遽、翌朝早くからチラシをまくことになったからだ。

『大丈夫かよこの店?!』とぼやきつつ先輩と部屋で飲んでいたが、また宿がボロくて居心地も悪く、明日も早いということでとっとと爆睡。

なんともいたたまれない気持ちのまま、あっという間に朝を迎えた。

お店に寄って看板の設置やチラシ配布の準備にかかる我々に、マスターは

「もうちょっとでおでん出来てくるから」

と余裕の笑み。

なぜ笑っていられるのか、なぜ我々がおでん情報を気にしていると考えたのかさっぱり分からなかったが、とにかく私と先輩は、まだ人もまばらな早朝の静岡駅へ繰り出していった。

静岡駅利用者の美人揃いな事実にチラシ配りのノリがおかしな方向へ


これから出勤しようという忙しい社会人に、しょぼい漫画喫茶オープンのチラシを配る無謀さを承知しながら声をかけるのだ

最初はなかなか開き直れない。
声も小さい。

たまに先輩と目が合う。

お店のオープニングスタッフとなる新しいバイトくんも引き入れ、いっしょにチラシを配った。

最初は伏し目がちだった私と先輩も、バイトくんの手前もあるが、そんなことより予想以上にかわいい子を多く目撃する静岡のポテンシャルに自然と目線が上がっていった

ほころぶ。
妙にほころぶ。
バイトの野郎までほころぶ。

だんだん調子にノっていき、明らかに相手によって声のかけ方も変わっていった

スーツ姿のおじさんや若いにいさんたちにはクールに、つつがなく。

コレという女性たちには明るく丁寧に、コミュニケーションを重視して配っていく

時には

「漫画喫茶ってご存知ですか?」
「行ったことあります?」

といったアプローチなんかも織り交ぜながら。

あっという間に時間が経った。

一旦中断し、お店の状況を見に行こうということに。

イヤな予感的中。オーナーのキャラが接客と正反対に暴走


満席とはいかないまでも、店内には徐々に人が入りつつあった。

新たなお客さんが私たちの前に並び、受付を目指している。

「チラシ配りも、もうひと頑張りしてみましょうか」

なんてうなずき合っていたのだが、そんなとき、オーナーの対応にお客さんたちが違和感をあらわにしている様子が伺えてきた。

オーナー:「・・・いらっしゃい・・おでん・・・いる?開店祝いなんだけど・・」

お客さん:「・・あっ・・じゃぁ、はいぃ・・・」

受付カウンターをはさんで片膝をついて座り、おもむろにおでんを手渡しながら超タメ口でシステム説明をするオーナー


ぶっきらぼう&非常識極まりない。

お客さんもアツアツのおでんを手渡され、狭い店内をスリ足状態でのそのそと進みながら席を探し回る。

危険だ。

『他のお客さんと接触したら・・・』とひやひやする先輩をよそに、オーナーは淡々と同じ会話をかましつづける

すかさず耳打ちしながら接客態度をさとす先輩。

それらの光景を遠目に、改めて店内を見渡すと、昨日の夜とは違う場所に、例の大御所芸能人から届けられた花とメッセージが目に入る

『頑張るのよ』とかかれた筆文字が、まるで不安を予想していたかのように揺れていた。


つづきはまた!次回14話で!


◆デザイナー・クリエイターとして就職を考えるなら?
広告業界誌の老舗「宣伝会議」のグループ会社による派遣求人紹介。
4万人を超える転職支援実績、Web・マスコミ分野の転職支援に『マスメディアン』は外せない。

▷クリエイターの人材派遣【マスメディアン】


私の簡単なプロフィールと今後のシリーズ展開についてはこちら


ワンポイントアドバイス的なコラムはこちら


さまざまなお仕事のインタビュー記事もこちらからご覧いただけますので、ぜひお立ち寄りくださいー!


コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top