ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

<面白おすすめ邦画・南極料理人>犬もスリルもサスペンスもない癒しの人間ドラマ

<面白おすすめ邦画・南極料理人>犬もスリルもサスペンスもない癒しの人間ドラマ

こんにちは!コピーライター&デザイン事務所経営者、本ドメインのメインサイト「ひとびとのひび」の編集長です。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon.png です

このブログは、ライター業を通じて、多種多様な業界の方々の仕事や働き方、生活スタイルをインタビューしまくってきた私が、さらに自分の手と足で、見たり、調べたりした実体験をもとに発信しています。


今回ご紹介する作品:
「南極料理人/監督:沖田修一 主演:堺雅人」

2009年、南極観測隊に料理人として参加した西村淳氏の著書を原作に映画化。
後に『キツツキと雨』でメガホンをとる沖田修一監督作品で、いくつもの映画賞を受賞。

『ナニを映画にしてくれてんだ?!』という困った作品でしたが、私は好きだ!
なのでぜひネタバレ抑えめで魅力を伝えさせていただきたい。



苛酷な環境下での任務に追われる緊迫感のかけらもない、ゆるゆるな日常


第38次南極地域観測隊のメンバーとして、昭和基地からもずっと離れた陸の孤島「南極ドームふじ基地」で単身赴任をすることとなった男8人の物語

いわゆる南極越冬隊員だ。

主人公は堺雅人扮する西村
彼はこのメンバーの食事を担当する料理人で、海上保安庁から派遣された隊員だ

決して望んで参加したワケではないことが後に明かにされるが、彼の作る料理を中心に、恐ろしいほど緊張感のない越冬隊員たちの日常が描かれていく

それはもう、ほとんど仕事してなくねー?!ってほどのもんだ。

ペンギンやアザラシだけでなく、細菌やウイルスさえ生存できないほどの厳寒の僻地で、気象観測や天文、生物、地質調査などの任務を行う最前線とは思えないくらいスクリーン全体がゆるゆるな世界観

オープニングからナメた調子で、なんともほんわかと見つづけられる。



料理人・堺雅人の目で、口で、南極での生活が淡々と綴られる


とはいえ、要所要所では主人公の西村自身のナレーションも含め、飲料水確保の大切さや冷凍食材・缶詰しか食材が得られないことなど、基地における生活の苛酷な現実についてもサラッと教えてくれたりする。

実際に料理人として参加された方の原作ということもあり、つぶやくような語り口で、人間が覗いているような視点と距離感で描かれている

とはいえ、とはいえ、キホンは基地内か氷雪の世界のみ

いつものおっさんたち以外は、回想シーン程度しか人は出てこない。

それだけに効果的で、役者陣の個性も際立つ。

タイチョーと呼ばれる気象学者のきたろう氏は、まぁ相変わらずの安定感だが、中でもキラッと異彩を放っていたのがドクター役の豊原功補氏

イケメンっぷりを感じさせない、ナニ考えてんだか分からないインチキ医師の変人加減が愉快だった。



食も日常も非日常も人生。コロナ渦で打撃を受けた業界とその前後を思う


南極越冬隊の話というと、誰かが命の危機にさらされたり、友情・絆や逆に仲間割れなんかが題材になりそうだけど、まったくない

『仕事中にろくでなしブルースに読みふけるやつ』、『火の付いた肉を持って追いかけるやつ』、『ギターをもって踊り狂うやつ』、『恋人に電話でふられるヤツ』、『雪原にシロップをかけて食うヤツら』・・・そんなんばっか。

ただ、どんなところにいても食事がどれほど大切なのか、当たり前じゃないのか。
ラーメンがどれほど日本人の心を震わせるのか。

毎度おいしそ〜〜な食卓の絵面を見せられるたびに、人の営みの根幹とはなにかを、胃袋まで染みわたるように教えられます

それもやさしく、愉快に。

そして、極寒の南極と、家族とのいつもの日常のつながり

すべては時間の流れの中にあり、ちょっとずつ、ちょっとずつ変化していくもの・・・
仲間がおさめたかのような等身大の体温を感じる映像が、最後にそう語りかけてくる

ような気がする。

人生をかけて志願した越冬隊員たちのしょーもない日常。

『ナニを映画にしてくれてんだ?!』


最後までご覧いただきありがとうございました!


▷今回の沖田監督のもう1つの名作、そろそろラブロマンス系に飢えてきたゾという方は、まずこちらからご覧ください


動画配信サービスでご覧になりたい方は期間限定の無料体験がオススメです


アカウント登録が必要ですが、無料期間中の退会であれば料金は発生しませんので、登録日だけは忘れないように!
DMMとAmazonは、有料でも『スタバのコーヒー1杯分』くらいですね。


まずは、ご自分が見たい作品がありそうか、それぞれのサイトで検索してみて決めるようにしましょう。


▷DMM見放題chライトは月額550円で見放題。「30日間無料」も実施しています。

▷Amazonプライムビデオは私も会員ですが、月額500円で見放題です。もちろん「30日無料体験」もありますし、音楽の聴き放題もあります。

何より、プライム会員の特典といしてショッピング時のお急ぎ便や送料無料(離島など一部地域除く)などの恩恵も同時に受けられるのが良いですよね。



▷U-NEXTは月額1990円と高額ですが、見られる作品が14000タイトルとべらぼうに多いのが特徴。「31日間無料体験」という31日ってとこも面白いですね。


DVDでコレクションしている方は、こちら。


金額的にも動画サービスの方がお得感がありますので、そろそろ無料体験からお試しになってみるのも良いかもですね。

Amazon:

▷楽天:

南極料理人 [通常版] / 邦画

価格:3,762円
(2020/6/3 23:14時点)

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top