ひとびとのひび 〜いろんなまち いろんなしごと いろんなひと。な、日々。〜

名作おすすめ映画。超緊急事態に即防衛出動?!莫大な経済的損失を伴う国家と生物の攻防・シン・ゴジラ

名作おすすめ映画。超緊急事態に即防衛出動?!莫大な経済的損失を伴う国家と生物の攻防・シン・ゴジラ

こんにちは!
コピーライター&デザイン事務所経営者、
メインサイト「ひとびとのひび」編集長のブログです。

いろんな人たちの生活スタイルや働き方をインタビューしまくっている私が、さらに自分の手と足で見たり調べたりした実体験をもとに発信しています。


「シン・ゴジラ」
見た人も、もう一度見るべし!な理由がわかる。


国民生活が脅かされる今、安全保障、自衛権とは?を考えるきっかけに


読んでいくと映画を見ずにいられなくなっちゃうことは間違いないかもしれませんが、ぜひ最後までお付き合いください!

今回ご紹介する作品:
「シン・ゴジラ/監督:庵野秀明」


庵野秀明氏が総監督・脚本を手がけ2016年に上映された大ヒット作。
興行収入80億円超。。。
国家とゴジラの攻防を恐ろしくリアルにスクリーンに描きだした特撮映画。

東京湾からもたらされる国家存亡の危機に、政府はどう対応するのか


突如、海から水蒸気らしき煙が噴出し、なにかが海底で起こっていることを政府が確認するところから一気に物語は加速していきます。

内閣官房副長官(長谷川博巳)が対策本部事務局長を務め、彼を中心に各省庁や有識者らによるチーム編成がなされ、刻々と変化する状況に一丸となって呼応していく。

ストーリーとしては、至ってシンプル。

ゴジラと呼称することとなった巨大不明生物が、首都機能崩壊に導こうとしている状況を日本国政府がどう打破するのか・・・という国家的危機シミュレーション映画だ。

そんな言い方があるのか知らないけど。
そんなお話。

災害大国ニッポンの国民としてコロナ渦などの国難にどう備えるべきか


劇中での対策本部は超優秀。
対応策決定プロセスやメディア対応、住民避難の指示・誘導などを見ても、国家の中枢がこんな組織なら任せてしまって安心!と思わされるほど。

一部官邸の様子を対比として描いているところもありますが。


では実際、現政府で国難に直面した場合はどうだろう?
誰だってそう考えるはずですが、現下のコロナ関連を見る限りどうジャッジすべきだろうか

そして、さらなる災害などが追い打ちをかけてきたとしたら・・・
考えたくないが、何が起こってもおかしくないほどの超災害大国であると認識を新たにせざるを得ない。

短時間で何度も進化を繰り返すゴジラのような人智を越えた生物は仮に来なかったとしても、タダで済むはずもなく、ダメージは計り知れないですよね

政治家、役人、有識者が国家・国民を守るために奮闘する特撮作品


ネタバレしない程度に補足すると、とにかく展開が早い
はっきり言って一回見たくらいじゃついていけない。

テロップもバンバン出てくるが目で追えない。
絵的にも活字的にも情報量がとにかく凄い。

また政治家、役人、有識者の議論、舌戦が主体なので、漢字を羅列したようなセリフの連続に目が回る。
しかもハンパねぇ早口

ここだけをとっても、複数回見るべき理由になると思います。

加えて、一瞬しか登場しない有名俳優が多数出演していたり、思わず実家や自宅を探しそうになるジャーナリスティックな市街地の描き方、ゴジラによるど迫力の都市崩落映像なども見所として言うに及ばない。

何より、
『なぜあんな生物が?』『エネルギー源は?生態は?』『どうすれば撃退できる?』

国家・国民を守るための矜持とともに、政治の中枢で命をかける人たちの奮闘に軸足を置いたストーリーであることが最大の特徴ですね。

石破茂氏と考えるシン・ゴジラと国家主権と安全保障と自衛隊と憲法9条とあれこれ


シン・ゴジラを見て国家・国防などの安全保障について考えようと投げかける自民党・石破茂氏のインタビュー記事(日経ビジネスオンライン)を今になってたまたま見つけてしまった。

2016年当時のものだけど、とても興味深い内容なのでご紹介しておきます。


<日経ビジネスオンライン>
石破氏「シン・ゴジラは全然、リアルじゃない」

石破氏:ゴジラを攻撃した戦車はどこから来たか


劇中、早々に防衛出動が総理大臣により発せられるが、これは自衛権の行使に他ならないと石破氏。

それはつまり国または国に準ずる組織が主体となるものであり、決められた要件を満たさない限り発動されることはない、と。

そんなこんなでゴジラが対外国からもたらされた脅威でない以上、獣害駆除として自衛隊の災害派遣で対処するのが妥当という見解を示してくれています。


本作を見終わったあと、ぜひこの記事にも目を通してほしいです。

国家主権、軍と警察、自衛隊と我が国の軍事力の実情などなどにおける基本的な認識のないまま憲法改正の議論・報道と対峙することの不合理や矛盾を突きつけられます。

そして改めて、この映画を見た人ももう一度見るべし!となるわけです。

最後までお付き合いいただきありがとうございます!
つづきはまた!


アマゾン(商品詳細ページ):シン・ゴジラ

楽天:シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組【Blu-ray】 [ 長谷川博己 ] 価格:6,453円(2020/4/30 00:44時点)

無料期間を利用して見ちゃう方法もありますね


まさかの高額フィギュア・・・興味のある方だけどうぞ

【送料無料】S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ  ゴジラ (2016)価格:26,800円
(2020/4/30 00:49時点)

前回の動画紹介はこちら。興味ある方はぜひ!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top